育毛シャンプーをどれを使えばいいのか悩みますよね、効果や種類別でまとめ

MENU

育毛シャンプーの種類を理解しよう

育毛シャンプーと一口に言っても、それにはいくつか種類があります。人間の頭皮や髪は千人いれば千通りの個性があるものです。どれが良いというのは一概に言えない部分もあるので、実際のところはいろいろ試しながら、肌に合うもの、効果があるものを選んでいくしかなさそうです。

育毛シャンプーで一番多いタイプがアミノ酸が混合したタイプのシャンプーです。髪の毛自体がアミノ酸で構成されているので、もっとも自然に近い洗い心地かもしれません。頭皮に悪い影響の刺激が少ないのが特徴ですが、やさしすぎず洗浄力が劣るというわけでもないので、一番リスクが少ないシャンプーと言えるかもしれません。

つぎに、石けんシャンプーというものがあります。これはアルカリ性なので、頭皮に優しいという意味では一番です。頭皮に刺激を与えず、それでいて清潔にするという点で優れた効果を発揮します。しかし、髪の毛との成分の違いで、髪の毛自体がパサついた感じになるという意見も多いです。髪の感覚が問題なければ一番安心して使えるシャンプーと言えるかもしれません。

アルコール系シャンプーは一般のシャンプーとしても多いタイプのシャンプーです。強い香りと洗浄力が特徴で、育毛シャンプーの中で一番「洗った」という実感が強くもてる種類のシャンプーです。しかし、頭皮に刺激が強すぎるのが難点という部分もあります。いわゆる洗いすぎの状態になってしまうリスクも高く、頭皮に必要な成分まで取り去ってしまう可能性があります。